多チャンネルプランに対応いたします

ホワイトスペース帯ワイヤレスマイク

電波法の改正により、現行のA帯ワイヤレスマイクロフォン
が2019年以降使用できなくなります。
タケナカでは、すでにすべての現行A帯ワイヤレスマイクを
「ホワイトスペース帯」のワイヤレスマイクに移行いたしました。

これにより、同一スペース内でのワイヤレスマイクの
同時使用可能本数が格段に増え、
またデジタルワイヤレスシステムを導入することで、
さらに使用できる本数を増やしました。
従来のものに比べ、チャンネルプラン(周波数の決定)には
ノウハウが必要となりましたが、高度なプランニングを含めた
体制で、多チャンネル運用を実現いたします。

実際の使用上の注意事項含め、
ワイヤレスマイクのプランニングとサポートはタケナカにお任せください

映像・音響とイベントとICTのトータルサービス

TAKENAKA

レンタルのお問い合わせ / ご注文


東京 03-5628-2891 大阪 06-7174-8990
名古屋 052-354-5559 京都 075-604-5430

≪月~金≫9:30~18:00≪土≫9:30~15:00(日・祝定休)

その他のお問い合わせはこちら

ホワイトスペース帯
デジタルワイヤレスマイクロフォン

  • 受信機

    • SHURE ULXD4D-H50(534-598MHz)
    • SHURE ULXD4D-J51(573-636MHz)
    • SHURE ULXD4D-L53(632-714MHz)
  • ハンドヘルド型送信機

    • SHURE ULXD2/SM58-H50
    • SHURE ULXD2/SM58-J51
    • SHURE ULXD2/SM58-L53
  • ベルトパック型送信機

    • SHURE ULXD1-H50
    • SHURE ULXD1-J51
    • SHURE ULXD1-L53
  • ヘッドウォーンマイク

    • SHURE WBH53T
  • 超小型ラベリアマイク/ピンマイク

    • SHURE MX150B/C-TQG
  • アクティブ指向性アンテナ

    • SHURE UA874WB

ホワイトスペース帯ワイヤレスマイク使用の流れ

混信のない確実なワイヤレスマイクの運用を実行いたします

デジタルワイヤレスマイクの使用と確実なプランニングで100本以上の同時運用も可能です

  • 特ラ機構
    との調整
  • 他社との
    運用調整
  • 現場
  • お客様からのオーダー
  • 使用場所から使えるTVチャンネルを検索
  • 使用する周波数帯から機材を決定
  • 特定ラジオマイク利用者連盟の使用の申請
  • 他者の使用状況を確認
  • 専用ソフトウェアで周波数をプランニング
  • 同一エリアで使用の他社と連絡調整
  • 場合によっては再プランニング
  • 現地で電波状況を確認(スキャニング)
  • 安全な運用

タケカナオーディオ
ホワイトスペース帯ワイヤレスマイク

タケナカオーディオでは、
ホワイトスペース帯ワイヤレスマイクゼンハイザー/5000シリーズ
取り揃えています。


詳しくはこちら

映像・音響とイベントとICTのトータルサービス

TAKENAKA

レンタルのお問い合わせ / ご注文


東京 03-5628-2891 大阪 06-7174-8990
名古屋 052-354-5559 京都 075-604-5430

≪月~金≫9:30~18:00≪土≫9:30~15:00(日・祝定休)

その他のお問い合わせはこちら